フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 昭和車じゃないけどハチマル車 | トップページ | 昭和車的中古車事情 »

2006年4月10日 (月)

昭和車じゃないけどハチマル車(其の二)

1G系エンジンを語って、今日で5回目ですね~。
もう飽きたよ!なんて方もいらっしゃるかと思いますが、もう少しお付き合い下さいませ。

 
前回は1G-GZについて語ってみたのですが、今日は1G-GZチューンを考えてみたいと思います。
チューニングについてですが、私の趣味が色濃く反映しますのであくまでもネタ程度に読んでくださいまし。

 
1G-GZをチューンするに当たって私の条件は「タコ足+カム流用」です。
何はともあれタコ足は絶対条件ですね~。
ところがNAとSCでは冷却水の取り回しが違っているのです。
 
Dsc00426_1
右の写真はGX61のエンジンルームです。
アッパーホースのエンジン側がデスビの前にあります。

 

Dsc00526_2

さらに1G-GZの写真を見て下さい。
本来デスビがある位置よりも後ろ側にあります。
 

 
しかも、そこから右側エンジンマウントに向かってエキマニを抱き込むように冷却水パイプが取り回されてます。
さらにエンジン後ろ側に向かっても純正エキマニの上をパイプが通っております。
これは確実に要加工ですね~。
タコ足を取り付ける際は確実に邪魔になるはずです。
まぁパイプの取り回しなんかは溶接と、場合によってはステンメッシュで対応すれば何とかなると思います。

 
カム流用ですが、初期1G-Gの純正240カムを流用してみたいです。
前回お話した通り、GZは高回転が回らないのでカム流用は非常に効果がありそうなので是非やってみたいです。
ここでまた一つ問題なのが点火方式の違いです。
写真で見ても判る通り、GZにはデスビがなくそこにはカムポジションセンサーが付きます。
GZ以外はデスビ方式ですが、GZは多分補機類の取り付けの関係でデスビのスペースが取れなかったと推測できます。
だとすると、カムギヤとデスビ側のピニオンが問題なく付くかという点です。
GZのエンジンを使用する訳ですから、カムポジはそのまま使う前提で考えます。
両方のカムのギヤ部分の歯数や造りが同じであれば問題なく使用できそうです。
目視で明らかに違うのはヘッドに対して差し込まれている角度がGEの方が斜めであると言う事です。
もし歯数が違う場合、カムポジのピニオンをカムポジ用からデスビ用に打ちかえるしかないです。
角度が違って上手く装着できない場合はワンオフでピニオンを作るしかないかも・・・。
いずれにしろ、この辺は現車合わせで比較するしかないですねぇ。

 

また、SCといえどもせっかくの過給機ですからブーストも上げたいですね~。
できれば1キロ~1.2キロ位まで。
当時クスコからブーストアッププーリーキットが出ていて、仕様を見てみるとクランクプーリーの直径を25ミリ拡大した物だったようです。
いまさら廃盤でしょうからこれはワンオフ製作ですね。
どうせ作るならジュラルミンで軽く仕上げて、フリクション低減も狙ってしまいましょう。

 
エンジン内部は78パイ鍛造ローコンプピストン2.2リッターでキマリでしょう。
鍛造ピストンであれば純正よりも丈夫なので、棚落ちの危険性も低減できると思います。
有名なエスコートさんでもワンオフでピストン製作をお願いできるようなので、ピストンは問題ないでしょう!

 
あとはインジェクターの噴射量がノーマルで足りているかどうかという事ですね。
足りなければ他車種流用で打ちかえれば問題ないでしょう。
7MGTあたりは大きそうなので、使えれば良いですね~。
ガソリン流量がNA用では足りないでしょうから、燃料ポンプはターボ車などの他車種流用しちゃいましょう。
CPUは今は良い物がたくさん出ているので、エアフロレス仕様でもなんでもいけると思いますからその辺はプロの方とどの程度まで狙うかで決めましょう。
駆動系はツインターボ用メタルを組んでやれば、この程度のチューニングなら十分対応できると思います。

 
2.2リッター+SCブーストアップ+NAカム、こりぁ相当面白そうです!
しかもGX81よりも軽いGX61のボディで、マニュアルとドッキングする訳ですから遅い訳が無い!
考えただけでワクワクしてしょうがないですね~。
ターボチューンは今や当たり前ですから、2.2+SCで下からドカンと加速して高回転も気持ち良いチューンなんてのも良いんじゃないでしょうか?
まぁそこら辺の車が昭和車だと思ってなめて掛かってきても、問題ないでしょう。
見た目カクカクの昭和車にHOTなエンジン。
しかもちょいと風変わりなチューニングで、タコ足+フルデュアルから出るエキゾーストはターボでは味わえない直6の共鳴音。
あー、本気(マジ)でやってみてー!!

 

こんな事考えてる私、

やっぱり変り者かもしれませんねぇ

(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!

« 昭和車じゃないけどハチマル車 | トップページ | 昭和車的中古車事情 »

コメント

自分も同じ考えをしております。読んでいて楽しくて仕方ありませんでした。実現できましたでしょうか?

ようこそいらっしゃいませ(*゚▽゚)ノ
初めまして、コメントありがとうございます。


エンジンの方は、未だ実現しておりません(汗。
ですが実は、着々と新品カムやらその他色々と部品が準備できてまして、制御側も含めてプランはバッチリできております。
正直、あとは予算さえあればというところまで来てますね。
1G-Gベースの改造でプランは進行してますが、未だに2J載せ替えに未練もあるので、日々悶々としとります(笑。
更新が遅い当館ですが、お時間のある時はいつでもお越しくださいね~。

1GZ計画のことについてお話しできればと思っております。お時間開いたときで構いませんので連絡頂ければありがたいです。よろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和車じゃないけどハチマル車 | トップページ | 昭和車的中古車事情 »