フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 昭和車イベントレポート第三段(其の二) | トップページ | 昭和車イベントレポート第三段(其の四) »

2006年9月10日 (日)

昭和車イベントレポート第三段(其の三)

今日はGX61にエンジンコンディショナーぶち込んだり、色々とメンテしてました。
昨日はエンジンオイル交換もしたし、これで調子もさらに良くなるぞ~!
っと思っていた矢先・・・

 
クラッチ切れねぇ・・・

ΣΣ┗(|||`□´|||;;)┛ガーン!!

 
ブレーキマスターシリンダーもクラッチマスターシリンダーもオイル漏れでアッセン交換しましたから、そろそろレリーズシリンダーだなぁとは思っておりました。
やっぱりクラッチマスターの時に一緒に交換しておけば良かった。
乗らない時間の長かった車はやはりシール類が来ますねぇ。
まっ、こんなモンはトラブルの内に入らないんですケドね。
GX61用レリーズシリンダーは他車と共通品番で出るようなので、とりあえず問題なしです。
多分W系NA車用ミッションとは殆ど同じなのでしょう。
クラッチマスターもGX70G(マークⅡワゴン用)が使えましたらネ。
やはり古い車はメンテが第一ですよ。

 

今日は「昭和車イベントレポート第三段(其の三)」と言う事で語ってみたいと思います。

 

この顔、可愛い過ぎます!
Dsc00857  

 

 

 

 

 

 

 

初代スバルサンバーです。
サンバーという車種は非常に長い歴史をもつスバルの名車です。
初代登場は昭和36年で、今もなおラインナップがあるという凄い長寿シリーズです。
しかもRRレイアウトも初代からの伝統で、いまも変らず継承されています。
真面目な車造りのスバルらしい、頑固さですね。
とりわけこの初代は個性的ですね~。
この愛らしさたるや、スバル360をも凌駕してます。
全国にこの初代サンバーはどの位残っているんでしょうかねぇ???
本当に稀少な1台を見れて、感激しました(*T▽T*)

 
 
伝説のバンド!ではありませ~ん。
Dsc00859  

 

 

 

 

 

 

 

マツダキャロルです。
この車は4ドアタイプで、他に2ドアもラインナップにありました。
これもマツダらしい、上品でモダンなモールの使い方で非常にお洒落です。
こんなに小さいのに、きちんと4ドアボディとして作られているのがまた素敵です。
RRドライブなのに、しっかりとボンネットを造型している事で非常にセダンぽい格好良さが出てます。
またこの車の凄い所は、360CCなのに水冷4気筒4サイクルO・H・Vを搭載している事です。
他社は2サイクル2気筒が当たり前なのに、水冷4気筒4サイクルとは恐れ入りました。
小排気量の場合、多気筒はトルクの面で不利と言われますが、すでに昭和30年代にこのクオリティで車を生産していたマツダの凄さを感じます。
唯一市販ロータリーを作った偉大なメーカーは、軽自動車でも凄い事をしていたのですね。
アッパレ!!

 
先ほどのキャロルの先輩です。
Dsc00860  

 

 

 

 

 

 

 

マツダR360クーペです。
これはもう骨董美術品ですよ。
可愛いを通り越して、美しいんです。
雨がえるのようなキョトンとした表情と、緩やかな丸みをおびたシルエットがたまらんです。
合理性とか利便性などと言う言葉など何処にも当てはまらない、まさに美術品です。
是非、末永く大事にされる事祈っております(^人^)

 
スズキを代表する名車です。
Dsc00861  

 

 

 

 

 

 

 

フロンテクーペです。
言わずと知れた、かの有名なデザイナー「G・ジウジアーロ」のデザインがベースになっている名車です。
今もなお高い人気を誇り、状態の良い個体はかなりの高額での取引になっているようです。
500㌔を切る軽量ボディに、37PSを発揮する水冷2サイクル3気筒エンジンを搭載したまさにスポーツ軽カーです。
目を見張るのは車体の低さ。
これでRRと言う事は、超絶ハンドリングであろう事は容易に想像がつきます。
ちょいと腕に自信がある人が乗れば、峠の下りなんかはかなりの走りができた様です。
でも限界を超えた時は怖そうだなぁ・・・((;゚Д゚))
ナニハトモアレ、是非1度は乗ってみたい車です。

 
使用前、使用後?
Dsc00858  

 

 

 

 

 

 

 

スバルR-2です。
左はノーマル、右はシャコタン仕様です。
スバル360の影に隠れてしまっていますが、私は非常に好きな車です。
基本的にはスバル360の改良型になるわけですが、実車を見比べるとかなりの進化が伺えます。
スバル360に比べモデルスパンがあまり長くなかった事や、軽量化の為に行ったもなか構造からの腐食で現存数はかなり少ないと思われます。
でもね~、こういうマイナーな車種が非常に萌え♪ちゃうんですよ、私。
現行のR-2は全く興味ありませんが、このR-2なら是非欲しいところです。

 

 
今日は360CC特集でした。
次回はイベントをダイジェストでアップしたいと思います。
(⌒∇⌒)ノ""マタネー!!

« 昭和車イベントレポート第三段(其の二) | トップページ | 昭和車イベントレポート第三段(其の四) »

コメント

S41キャロル360のクラッチマスターシリンダー探してます助けてください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和車イベントレポート第三段(其の二) | トップページ | 昭和車イベントレポート第三段(其の四) »