フォト
2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月26日 (月)

昭和車的長寿作戦

今日は非常に良いお天気でしたね~。
新潟は今日も天気が良く、仕事がしやすくて助かります。

ところが今日仕事中に一時不停止の車両にぶつけられてしまいました。
当方のトラックの損傷は大したこと無かったのですが、事もあろうに相手は逃走!
まぁ当てた相手が私なので、ナンバー、車種、色までバッチリ判別してましたんで、あとはK察にお任せです。
通報後わずか数分で「被疑者確保し、本人は事故も認めている。今からK察官と事故現場に向かいます」と連絡がありました。
来て見たら21才の男で逃げた理由がなんと「怖かったから・・・」

 
アナタはアホですか???

 
まぁこれじゃ子供と同じですわね。
其の後がっつり説教してやりました。
人身事故だったら事故じゃなくて事件になってたところです。
皆さんも事故にはくれぐれもお気をつけくださいまし。

 

 
振りが長くなりましたが、今日は「昭和車的長寿作戦」という事で語ってみたいと思います。

 

古い車やバイクの最大の敵、それはでございます。
これは鉄でできている限り、永遠のテーマでございます。
故に私のGX61は雨天は絶対に乗り出さない事にしております。
昭和50年代の車は防錆技術の過渡期にあったようで、現代の車よりも錆に弱い部分が多々見受けられます。
鉄板事体も、今の防錆鉄板は非常に良くなってきているようです。
錆は出てからでは処理が大変になるので、出ないうちから対策しておく事が重要でしょう。

 
ある日右リヤフェンダーの下のミミの部分を見たら、5㍉四方で塗装が割れ錆が発生しておりました。
多分タイヤの飛び石で傷付いたのでしょう。
わずか5㍉ですが、錆を放置する私ではありません。
早速処理しちゃいましょう。

Dsc00991  

 

 

 

 

 

 

 

使用したのはレストアラー御用達のPOR15。
いわゆる錆止め塗料です。
ばっちり錆を落とした後にコイツを塗ってやればOK。
まぁ至って他の塗料を作業は変りません。

今回はせっかくなので、リヤのタイヤハウス内やらボディ回りも塗りこんでやりました。
特にリヤショックの取り付け部など、鉄板の合わせ目を重点的に塗りこみます。
錆が出てしまう前の予防対策です。

 
こういった予防対策をしておくだけでも、相当に延命できると思いまね~。
大事な愛車を蝕む錆。
あなたも早めの対策をおすすめしますよ.:*:`☆{{ヽ(*´Д`)ノバリア}}☆:"・*
 

一通り作業もおわり、晴天の日曜日はやはり相棒に乗らなきゃ気が済みませんわ。
Dsc00997  

 

 

 

 

 

 

 

青い空が気持ち良い一日でした。
休日がいつもこんな天気だったら最高なんだけどなぁ。

 

久々にGX61君の作業をしたような気がします。
触って良し!乗って良し!眺めて良し!のGX、最高です!
今年も改造するぞー∩(`・ω・´)∩ 

2007年2月11日 (日)

昭和車的告知

珍しく本日2度目の更新です。
 

 
GXユーザー諸君!緊急告知!

ALL JAPAN GX OWNER'S CLUB

http://gxownersclub.the-ninja.jp/

がこの度めでたく開設されました!

 

皆さんご存知のGX乗りのお二人、タニグチさまいがらしさまのご尽力により、GXユーザーの総本山とも言えるHPができました。
これは本当に嬉しい限りです。
全国のGXユーザーの交流の場、情報交換の場が出来た事は何よりも心強く思います。
私も一GXユーザーとして、微力ながら応援させて頂きたいと思っております。
GXに限らず、トヨタ80’S乗りにも非常に楽しめるHPであることは間違いないと思います。
 

昭和車乗りなら一度は訪れてみてはいかがでしょう?
みんなで楽しく暖かく、HPを盛り上げていきましょう!
ハ―。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚―ィ☆

昭和車的日常ネタ(其の八)

連休の日曜日、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
只今朝の8時、新潟は天気が良くないです。
天気さえ良ければ、61君に乗ってプチドライブに出かけるところなんですが、この連休はお預けになりそうです。
⊂(_ _⊂⌒`つドテッ
 

 
 
今日も懲りずに「昭和車的日常ネタ(其の八)」という事で語ってみたいと思います。

 

ここ暫くは足昭和車探し旅が趣味になっている管理人でございます。
まぁ地元で探せる台数なんてのはたかが知れているわけですが、現車を眺めるのもまた楽しいもので完全に趣味化してきています。
どっかに掘り出し物ねぇ~かなぁ~・・・。

 
っと今日はターゲットのセダンではないですが、1台ご紹介です。
それがコレ↓
Dsc00984_1  

 

 

 

 

 

 

 

凄いアングルでヽ(;▽;)ノすまんねっ!!
GX61チェイサー後期4HTツインカム24です。
以前、このブログを始める前に1度拝見させて頂いた事があるのですが、状態の良い個体でした。
残念なのはエンジンのヘッドが降りているという事。
たしかお店の方の話だと、長い間ずっと保管されていてバルブが固着していたという事です。
あとはATという事。
まっ、ATかMTかは好みが分かれる所でしょうから、とりあえずヨシとしときましょう。
エンジンやミッションは載せ換えれば問題無しで、大事なのは綺麗なハコがのこっているという事ですからね。
なんてったって、一切改造されていないところがレアです!
泥除け、純正リヤバイザー付きと来たらどれだけレアか判るでしょう?
ツインカム24なので、当然デジパネ装着車です。
ドアミラーで内装色がマルーンだったので、58年式以降のモノと思われます(多分)。

 
新潟で4HTボディの綺麗な車体が残っている事が非常に珍しいですね。
セダンは時々見かけますが、4HTは全然見かけません。
しかもチェイサーですからね。
61チェイサーと言えば当ブログにも時々コメントを頂いております「北のチェイサー遣い あさのさん」が激渋なチェイサーが有名ですね。
同じボディでもマークⅡとは違った、若々しさを感じる顔つきがチェイサーファンには堪らないのでしょう。

 
61チェイサーと言えばこの色!
Kame_1950img600x397113454221406023_667 

 

 

 

 

 

 

過去のオク画像を拝借いたしました、失敬! 

個人的にはこのツートン大好きですね~。
顔付きといい、色といい、チェイサーらしい個性溢れて素晴らしく格好良いです!
私のマークⅡと同じボディとは思えない独特な印象が、チェイサーにはありますね。
さすがにこの稀少色は、現存数はかなり少ないでしょうから、どこかで見つけた
方は保護してあげてくださ~い。
ヨロティク(=゚ω゚)ノ

 
いやぁ、誰かこのチェイサー(画像上)をおこして欲しいもんですねぇ・・・。
私の部品取りで買うのも考えましたが、バッチリおこせそうなチェイサーを部品取りにするのももったいないですからね~。
ノーマルで乗るもヨシ!
シャコタンバリバリでいくもヨシ!
稀少車61チェイサーの復活を願うばかりであります(´∀`)ノ '`ィ
 

 

先日仕事帰りにバイパスですっごく綺麗なGX71マークⅡ(後期リミテッド、フルエアロ)に抜かれました(ワゴンR君で走行中)。
今度は相棒に乗っているときに遭遇したいですね~。
新潟のGXユーザーもまだまだアツイ方が居られるようです!
是非お話させて頂きたいモンです。
(*´∇`)ノシ マタネ~♪

2007年2月 4日 (日)

昭和車的日常ネタ(其の七)

先の更新から、またしても2週間ぶりでございます。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
仕事に追われて昭和車ネタも切れ気味ですが、なんとか頑張って行きますんで

 
宜しくドーゾ ((ヾ(○・ω・)ノ

 

 
今日もまた「昭和車的日常ネタ(其の七)」という事で語ってみたいと思います。

 

ここ最近の私のライフワークであります足昭和車探し
今回も続編でいってみましょう。
私は当ブログで何度も申しております通り、足車も昭和車に乗ってしまおうを企んでいる訳であります。
ヤフオクなどで探せば格安車からレア車まで色々と出てくるわけですが、そうそう県外まで見に行く事は出来ません。
という事で地元新潟で、まずは地道に探してみようと考えております。
でもね~、土地柄なのか古い車って残ってないのよねぇ~(-ω-;)

 
いらん話はとりあえずとして、今日のネタはクラウンセダンです。
早速画像をどうぞ!
Dsc00981  

 

 

 

 

 

 

 

いいっすねぇ~ GOOD☆( ゚Д゚)b
 
さすがクラウンセダン!
このオッサンぷりがたまらんですなぁ。
前期の角目4灯も渋いですが、この後期も好きですね~。
また2リッター鉄バンパーって所がグッときますね~。
色もまた落ち着いていて素敵です。
クラウンセダンなら、この色が一番好きな色かなぁ。
 
Dsc00979  

 

 

 

 

 

 

 

セダンの真骨頂は後ろ姿でしょう!
この角ばり加減、こりゃ無敵でしょう。
さらに鉄バンパーって事で、非常に良い雰囲気が出てます。
4ドアハードの不良っぽさとは違う、オトナな雰囲気が最高です。
白髪のオジサマが降りて来ても違和感が無い感じ、これぞクラウンセダンです。
 
Dsc00978  

 

 

 

 

 

 

 

この現車、非常に状態が良くエンブレム類まで程度良好です。
内装も綺麗で、ぱっと見ただけで欲しくなる一台です。
新潟でこれだけ状態の良いクラウンは滅多にありませんね~。
また変な改造をされてないところが高得点です。
クラウンでよくあるハイドロ+13インチなんてのは正直ゴメンです。
こういう車はやっぱり当時風に低く渋くで行きましょう!

 
一つ惜しい点がフロアオートマって事。
この見た目ならやっぱりベンコラでいきたいところです。
私も大ちゃんの430ですっかりベンコラフェチになってしまいました。
車検もたっぷり残って、56万円のプライスが付いてます。
この程度の良さなら、正直安いかもしれませんね。
それなりの車を持ってきて、ちょこちょこ直すよりは確実にお得でしょう。
それなら私が買えって!?
非常に欲しいところですが、確実に予算オーバーで撃沈です
(ノ´Д`)・゚・あぁ悲しきかな、貧乏...

 
 
 
いやぁイイネ!イイネ!昭和車ってイィ~ネ!!
本命は今までGX61セダンとブタ目セダンでしたが、クラウンセダンもめでたく仲間入りです。
これからも足昭和車探しの旅は続けていきますよ~!
(*´∇`)ノシ マタネ~♪

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »