フォト
2024年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 昭和車的イベントレポート(第6回 昭和の車展示会 最終回編 | トップページ | 昭和車的日常ネタ(足昭和車探しの旅 第一章) »

2007年9月 2日 (日)

昭和車的日常ネタ(其の十一)

めっきり秋めいた今日この頃、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
ついこの前まで暑さでヤラレていたのに、ここ数日朝晩寒い位で体調を崩してしまいそうです。
そういえば今日は日本海クラシックカーレビューの日です。
じゃぁナゼこんな早い時間に更新?
実は今年は多忙なのと、色々と予定が込んでましてキャンセルしました。
毎年恒例のイベントだったのですが、初めてのキャンセルです。
来年は予定を立てて必ず行くぞ~!!

 

 

今日は「昭和車的日常ネタ(其の十一)」という事で語ってみたいと思います。

 

秋の行楽シーズン、昭和車イベントシーズン、皆さんの愛車の調子はいかがですか?
今年の夏も酷暑で、昭和車もお疲れ気味ではないでしょうか?
私のGX61君は数えるほどしか乗ってもらえず、運動不足気味でございます。
まぁ殆ど乗っていないと言えども、やらなければいけないのがオイル交換。
時間が経てばオイルも劣化してしまうので、ここは一発換えておきましょう。

 
使用したオイルはコレ
Dsc01307  

 

 

 

 

 

 

 

ちょいと暗くてゴメンナサイヨ。
FETのレーシングNA、0W-40です。
いわゆるレーシングオイルですね。
ガンガンサーキットを走る人が使う様なオイルだと思ってください。
エステル系でモリブデン添加剤の入ったオイルです。
モリブデン添加剤にかんしては賛否両論ありますが、私は特に気にしてません。
前に買いだめしておいた物ですので、今現在ラインナップにあるかどうかは不明です。

 
説明書きによると、「国際格式の公式レースエントラントやチューナーによりメカチューンされたスーパーマシン、デモカーでの使用を前提に開発された、NA(自然吸気)エンジン専用の最上級100%化学合成オイルです」という事です。
ほほぅ~、それはそれは良さそうなオイルですなぁ~・・・
ん???
という事は、間違いなく・・・
 

 

ノーマル1Gには絶対必要なし!Σ(゚Д゚;o)

 

 
という事ではないか!
まぁ、ブタに真珠、猫に小判、オバチャンにフェラーリなどと表現は色々とあるでしょうが、そこんとこは完全スルーで逝きたいと思います。

 

まぁ年に1000㌔乗るか乗らない車に高級オイルなどを入れてどうする?などと自問自答しながらも、いつもどおりサクっと交換。
フィーリングはと言えば、非常に軽快で大満足。
レース時代でオイルの重要性だけは身に染みているので、常にベストコンディションを保つ様に気を使っています。
でもね、はっきり逝ってノーマルエンジンなら、
 

 

純正○ャッスルオイルで十分!

 

 
で間違いないでしょう。
ではナゼ入れるかって?
 

 

自己満足ですよ、ジ・コ・マ・ン

 

 
相変わらず相棒には非常に過保護な扱いの管理人でございます。
其の前に抜いたオイルがまだ綺麗な飴色してたのは内緒でございます。
ホント、乗ってねぇ~なぁ~。
これじゃ、完全にイジリ屋ですね。

 

 
実は私、密かにある事を実行に移そうとしているのです。
完全に決定になった暁には、改めてブログにてアップしたいと思っております。
ボツになったら、全く無かった事にして忘却の彼方へ消え去りますのであしからず。
ん~こりゃまた暫く忙しくなりそうですハイ。
次回もお楽しみに~[○´・ω・]ノヂャァネッ

« 昭和車的イベントレポート(第6回 昭和の車展示会 最終回編 | トップページ | 昭和車的日常ネタ(足昭和車探しの旅 第一章) »

コメント

NOBさん、こんばんわ。密かにある事を実行に移そうとしている・・・。何だろう?楽しみですね。NOBさん私、実は、61にわっる~い事してしまいした。奥さんや、周りの人はあきれています・・・・なんのこっちゃわかりませんね。気にしないで下さい。では、又。

MIKKOさま>ようこそいらっしゃいませ(*゚▽゚)ノ
本当に実行に移せるのか?ボツになるのか??
来週にはケリがつきそうです。
決まり次第、アップしたいと思っておりマス。
 
61にわっる~い事って???謎デス。
どんな悪いことなんでしょうか。
ん~ミステリアス!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和車的イベントレポート(第6回 昭和の車展示会 最終回編 | トップページ | 昭和車的日常ネタ(足昭和車探しの旅 第一章) »