フォト
2024年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 昭和車的日常ネタ(足昭和車探しの旅 第一章) | トップページ | 昭和車的日常ネタ(足昭和車探しの旅 最終章) »

2007年9月17日 (月)

昭和車的日常ネタ(足昭和車探しの旅 第二章)

連休の月曜日、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
9月も中盤戦を過ぎたと言うのに30度越えがしばしば。
涼しい日が続いて、いきなり34度なんて日が来ると何だかパンチ効きますね。
もう勘弁して~。

 
パンパカパァ~ン!ちょっとここで面白いデータをご紹介します。
過去30日分の地域別アクセスデータをご紹介しましょう。

第一位  東京  17.8%

第二位  神奈川  7.2%

第三位  北海道  6.5%

第四位  新潟  5.4%

第五位  静岡  5.3%

なかなか面白いデータが出てますね~。
インターネット人口が多い東京がやはりトップです。
地元新潟が四位に食い込んでますが、多分仲間内のアクセスが多いと思われ、少々茶番な匂いですね。
他にもたくさんの地域の方々にアクセス頂いております。
お越し下さる皆さん、ありがとうございます。
d(>ω<*)☆スペシャルサンクス☆(*>ω<)b

 

 

今日は「昭和車的日常ネタ(足昭和車探しの旅 第二章)」という事で語ってみたいと思います。
今日はちょっと長いので、おトイレ休憩は今のうちよん。

 
 
前回は高速道路を降りたところまでご紹介しました。
私、初の愛知県訪問でしたので、なんだかドキドキです。
愛知県と言えばトヨタのお膝元。
やはり昭和トヨタの残っている比率も高いのでしょうねぇ。

 

目的のお店まではインターからスグ近く。
プレ子ちゃんにはHDナビが付いているので、迷う事無くあっさり到着です。
ここだけの話、見に行くGX61よりもこのHDナビの方が高いなんて内緒でございます。

 

早々にお店の方も来られて、早速お車拝見です(o゚▽゚)o
Dsc01301  

 

 

 

 

 

 

 

なかなか状態の良いGX61セダンですね~ °+(*´∀`)b°+°
昭和58年式で、距離はそこそこ走ってますがとにかくサビが少ない。
下回りやテール周りも殆どサビが無いんです。
新潟ではこのコンディションで20年以上保つのは至難の業ですよ。
やはり雪の降らない地域は昭和車に優しいです。
ホイール、ステアリング、オーディオ以外全てノーマルって所もポイント高し。
そして今や稀少のセダン。
相棒イーグル君には無い、6ライトウインドウが何ともダンディですな。
ん~こりゃ、やっぱり良いかもしれんなぁ・・・。

 

早速試乗をお願いすると、快く応じてくれました。
っとココで予想外のトラブル発生!
なんとアイドリングで不整脈発生!!
しかもアイドリングから吹け上がらなくなってしまった (*¨) ....ボー
嘘だろ!?500キロも走って来たのよ、オレは。
忙しい仕事の合間を縫って、わざわざ来たのよ。
もう一度来れるほど、近くないんだから頼むぜ。
願いも空しく、GX61セダンのゴキゲンは回復せず。
なんと1メートルも試乗できず、ハイ終了~ il||li _| ̄|○ il||l
あぁなんて仕打ちなんだ、わざわざ愛知県まで来たのに・・・。
やはり昭和車を侮ってはいけません。
20年以上も前の車ですから、何が起こる事やら予測がつきません。
突然の事に先方の店の方も謝って居られたんですが、そこは仕方ないですよね。
だって、昭和車だもん。
残念ながら今回は玉砕終了 o_ _)o ドテッ!
尻尾巻いて帰ろ~っと。

 

ココで嫁さんが助手席で「愛知県を観光させてくださいな」と私に申しております。
ん~、確かにせっかくここまできたのだから、たまには嫁さん孝行せんといかんですよね。
という事でベタに観光してきちゃいました。
Dsc01302  

 

 

 

 

 

 

 

国宝、犬山城です。
私、日本の歴史モノが大好物なので、ここは押さえておかなければと行って参りました。
Dsc01303  

 

 

 

 

 

 

 

おぉ~素晴らしいですね~。
青い空にそびえる城が凛々しいです。
では奥方殿、天守閣へ参ろうぞ。
Dsc01304  

 

 

 

 

 

 

 

ほほぅ~さすがに良い眺めですなぁ~。
天守閣からの眺めはまさに絶景。
ここからお殿様は城下町を眺めて居られたのでしょうな。
世は満足じゃヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪

 

車を見に来たのに、なんだか違うテンションになって来たなぁ。
城を出た時点ですでに夕方。
帰ると結構遅くなるかもなぁ。
っとここで嫁さんが「どこか温泉旅館でも泊まらせてくださいな」と申しております。
ほほぅ~予約も無しで連休に宿を取れとな。
私に似て、非常に無理難題を課して下さいます。
大型台風通過による予約キャンセルというかすかな期待を胸に、一路長野県まで高速をぶっ飛ばします。
ほんとギャンブル人生だぜ!!(アホかっ!

 

諏訪湖のほとりに到着したのが、とっぷりと日も暮れた、7時ちょっと前。
急いで観光案内に飛び込みました。
なんとも親切なおじさんで、観光案内も閉まる直前でしたが、運良くとっても良い宿を紹介して頂きました。↓
 
双泉の宿 朱白
 http://www.suhaku.co.jp/
 
美味しい料理を食べて、温泉に浸かって、たまにはこういう旅行も良いもんですね~。
久々に羽を伸ばした気がしました。
癖になりそう。

 

翌日は旅館でくれた「湖上一日フリーパス券」を使って、定番の観光です。
Dsc01305  

 

 

 

 

 

 

 

こんなの乗るの、何年ぶりでしょうねぇ。
いい年して、ちょびっと恥ずかしかったりして A´ε`;)
Dsc01306  

 

 

 

 

 

 

 

何だか昭和の雰囲気がプンプンの船内に、管理人のテンション急上昇です!
写真では良く判らないと思いますが、昭和なアイテムが満載です。
天井のシャンデリア、見えるかなぁ。
妙にケバい造りに、テンションビンビンです。
そんな昭和な雰囲気を楽しみつつ、30分の遊覧に出発~!

 

実は私が遊覧船にのっているこのとき、新潟を大地震を襲っていたのです。
そんなこととは全く判らず、のんきに周遊です。
この後、私の大好きな原田泰治さんの美術館http://www.city.suwa.nagano.jp/museum/harada/を見てたら、嫁さんの実家から電話が。
「新潟は地震があったけど、そっちは大丈夫?」
はて?地震とな???水の上に居た私たちは気付くはずも無く、のんきに構えてたワケです。
ニュースを聞いたら、かなり大きい地震だったと。
こりゃヤバイぜ、オイ!!
早く帰らなくては。
時すでに遅く、高速は地震で通行止め。
気合入れて、300㌔を下道で行くしかないな。
最後の最後にこんなオチになってしまいました。

 

下道を8時間かけて、なんとか無事帰宅。
あぁ~疲れたなぁ・・・。
っと言うわけで、ドタバタ珍道中終了でございます。
せっかくの旅行が、最後は満足に観光もできず終わってしまった。
また今度、長野、岐阜、愛知と観光リベンジを誓う管理人でありました。

 

って、

GX61セダンの事は何処行ったのよ?

ゴルァ!!!(# ゚Д゚)・;'

 

どっぷり観光を楽しんで、セダンの事をブッチギッてしまった私。
嗚呼なんとめでたい男なのでしょう。
流れたはずのGX61セダン。
次回急展開を見せます。
次回更新をお楽しみに~。

« 昭和車的日常ネタ(足昭和車探しの旅 第一章) | トップページ | 昭和車的日常ネタ(足昭和車探しの旅 最終章) »

コメント

NOBさん、こんばんわ。これ買いですよ!めっちゃ綺麗じゃないですか!私の61君より格段に綺麗。私の61君は可哀想やけど、通勤に買い物に、雨でも風でも雪でも(雪の少ない九州やけどスタッドレスはかせます)ファーストカーとして使ってますので錆々です・・・しかもセダンは丈夫です。窓周りがハードトップはいかんです。ゴムがもたんとです。よれよれです。私のよう・・・

MIKKOさま>ようこそいらっしゃいませ(*゚▽゚)ノ
このセダン、なかなか程度が良いんです。
さすがトヨタのお膝元、愛知県ですね。
程度の良い昭和トヨタ車が残ってます。

九州でもスタッドレスを履かせる事もあるんですね~。
新潟は降雪地区なので必需品と言うより、履かないと生活できなくなってしまいます。
冬が来るたびに、雪の降らない県に引っ越したくなっちゃいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和車的日常ネタ(足昭和車探しの旅 第一章) | トップページ | 昭和車的日常ネタ(足昭和車探しの旅 最終章) »