フォト
2024年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 昭和車的日常ネタ(其の十四) | トップページ | 昭和車的イベントレポート(ながのノスタルジックカーフェスティバル2008) »

2008年3月30日 (日)

昭和車的日常ネタ(其の十五)

春爛漫の今日この頃、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
私はと言えば、最近バッテリー上がり気味のイーグル君を近距離ですが走らせてました。
電気防錆装置が装着されている状態で、一週間に一度エンジンを掛ける位しかしていない為、どうしてもバッテリーが弱ってしまうんですね。
っという事でアクセルON
Dsc01514  

 

 

 

 

 

 

 

思い切りピンボケじゃ~
せっかく61㌔狙ったのに~。
まぁこんなオチもありながら、相変わらずイーグル君は絶好調!
直6ツインカム7500回転の快感を楽しんじゃいました。
今年はあのパーツを組んじゃおうかな・・・ムフフ

 

 

前振りが長くなりましたが、今日は「昭和車的日常ネタ(其の十五)」という事で語っていきたいと思います。

 

 

先日、セダン君をすっかり2008年春仕様にした事をご報告しました。
実は08仕様、07仕様よりも微妙に車高が下がってます。
正直07仕様がストロークも含めてバランスがとっても良かったのですが、このフィーリングのままどの位まで落とせるか試してみたかったんですね。
写真では判らない程度のダウンですが、実質フロントで5㍉、リヤ10㍉弱位落ちてます。
Dsc01493  

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにリヤは1/8巻カットです。
するとどうでしょう?とってもフィーリングの良かった乗り味が悪化。
もろにリヤが底突きしちゃってます。
まぁ予想通りでしたが、これは対策しなくてはいけません。

 

1G静止状態で、リヤのバンプラバーとセミトレアームとのスキマをみてみると、あ~あ殆ど無くなってます。
そりゃそうだよね。
10㍉って足にはとっても大きい差ですからね。
いかに07仕様がバランスが良かったか良~く判りました。
じゃあ戻すかって?
いやいや、もう少し小細工で対策してみようじゃありませんか。

 

まぁ小細工なんていっても、バンプラバーをカットする位しか無いのですが、ただカットするだけじゃ芸が無い。
この車高までくれば、どうしたって最終的にバンプラバーで止める形にはなると思うのですが、どうしたらマイルドに当てる事ができるかなぁ~。
って事でこんな感じにしてみました。
Dsc01475  

 

 

 

 

 

 

 

山切りビトウィ~ンカットです。
当たるとしても、この形なら少しはマイルドになってくれると思うんですけどねぇ・・・。
カット量は徐々に増やして決めました。

 

乗って走行した感じは、カットして短くなった分ストロークも増えましたし、バンプラバーの当たり方も多少優しくなって、07仕様ほどではないにしろ許せる範囲に収まっていると思います。
でもやっぱり07仕様が一番良いですね。
ココが車高と乗り心地のバランスの難しさですよね。
もっとバンプラバーのカット量を増やせば良いと思うのですが、これ以上となるとリムがフェンダーに接触する可能性もあるので危険と判断しました。
Dsc01501  

 

 

 

 

 

 

 

ん~乗った感じも低くなったなぁ~。
ベタシャコ派の方々から見れば甘いでしょうが、私にはちょっと下がり過ぎかも。
まぁ暫くの間はこの車高で様子を見てみたいと思います。

 

Dsc01499  

 

 

 

 

 

 

 

リヤのトーイン調整も終わってパチリ
天気が悪いのが残念です。
久々にドライブ行きたいですね~。
そんな暇がどこにあるのか、不明です

 

 

さぁまだまだやる事がたくさん残っているぞ~。
皆さんも頑張っていきましょう!!
次回もお楽しみに~ マタネッ(*^-゚)/~

« 昭和車的日常ネタ(其の十四) | トップページ | 昭和車的イベントレポート(ながのノスタルジックカーフェスティバル2008) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和車的日常ネタ(其の十四) | トップページ | 昭和車的イベントレポート(ながのノスタルジックカーフェスティバル2008) »