フォト
2024年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 昭和車的イベントレポート(第8回 昭和の車展示会編) | トップページ | 昭和車的イベントレポート(第8回 昭和の車展示会 最終回編) »

2009年7月 5日 (日)

昭和車的イベントレポート(第8回 昭和の車展示会 続編)

7月第一日曜日の今日、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
私はと言えば、下半期に入る早々体調を崩してしまい、パワーダウンしております。
せっかくの日曜日、イーグルでも乗ろうかと思ったものの、それもままなりません。
まぁゆっくり休んで、体をいたわるのも大事なので今日はノンビリ過したいと思っております。

 

 

今日も前回に引き続き「昭和車的イベントレポート(第8回 昭和の車展示会 続編)」という事で語ってみたいと思います。

 

 

ホンダのコンパクトカーといえば、やはりコレでしょう
Dsc02198  
初代シビックRSです。
このモスグリーンがまた渋いですね~。
しかもグレードはスポーツモデルのRS(ロードセーリング)!
本当に稀少なモデルながら、この程度の良さは素晴らしい!!
オレンジ色のRS,幼少時代大好きな車でした。
Dsc02199  
キュートな後姿がまたイイですね~。
鉄バンパーならではのこの雰囲気、70年代車らしさが出ていてとてもカッコイイ。
この初代はレースでも活躍し、また排ガス対策エンジンCVCCで世界一厳しいと言われたマスキー法を世界初クリアしたメモリアルなモデルでもあります。
小さいながらも、本田宗一郎のアツい血が脈々と流れているホットなモデルなのであります。
昭和語録で言うなら「シビックは小さな巨人です」でしょうかね。

 

 
ホンダつながりでもう一台いきましょう
Dsc02200  
バラードスポーツCR-Xです。
現車は後期のSi(DOHC)ですね。
いやぁ、これも憧れたんだよなぁ~。
ツインカム搭載モデルの証、ボンネットのパワーバルジが当時の少年にはたまらなくカッコ良く見えたもんです。
私はカタログも当時持っておりまして、穴が開くほど何度も何度も見た記憶があります。
それにしても一級品の程度の良さですよね~。
もう文句をつける箇所が一つも無い。
よくぞコレだけのコンディションを維持できたと思います。
お世辞にもボディの耐久性が高いとは言えない当時のホンダ車を、コレだけの状態で維持するにはよほど条件が揃ってなければ無理でしょう。
これから20年、30年と残していってもらいたいですね~。

 

 
私の大好物!トヨタのリッターカーといえばこれでしょう!!
Dsc02209  
KP61スターレットです。
フルノーマルを維持した初代の丸目、くぅ~たまらんですなぁ~。
しかもこの純正色!!
そこに吊り下げのフォグが、もう最強無敵な地味さ加減でノックアウトです。
いやぁ~、コレカッコよすぎだなぁ。
なにかと改造ベースになりがちなKPながら、このフルノーマルを維持しているところに独得なオーラを発してます。
良かったぁ~、プライスボード乗ってなくて。
Dsc02210  
たまらん、たまらんぞ~!!
エンブレムもちゃんと残っていて、泥除けまで装備。
しかも程度も極上ときたもんだ。
こんなKP、残っているんですね~。
一目見れただけでも、幸せな気分にさせてくれました。

 

 
マニアックなテンロクスポーツが来てましたよ~
Dsc02213  
TE47スプリンタートレノです。
コレも希少車ですね~。
排ガス規制の関係で、短命で終わったレアモデルです。
市場ではあまり人気が無かった様ですが、私はこのツラ構えが好きでしたね~。
ツリ上がった目といい、同型のTE37レビンよりも低く構えたシルエットがツボでした。
Dsc02214_2  
それにしてもこの車のオーナー、当時をかなり意識して造ってますね~。
メッキ類をことごとくブラックアウト。
そして落としすぎない車高に、ちらっと見えるロールバー。
レビトレ=走りという方程式を外さない、だけど優等生ではガマンできない男のトレノって感じがビンビン伝わってきます。
初代レビトレ27系から見たら影に隠れた存在なのかもしれませんが、私は初代に負けないカッコよさを持ったトレノだと思います。
ガンバレ~TE47!!

 

 
今回もテンションがウナギノボリになってしまう名車ばかりでした。
凄い車たちがいるもんですね~、ほんと驚かされます。
さぁ次回はどんな名車が出てくるのでしょうか?
次回更新もお楽しみに~ マタネッ(*^-゚)/~

« 昭和車的イベントレポート(第8回 昭和の車展示会編) | トップページ | 昭和車的イベントレポート(第8回 昭和の車展示会 最終回編) »

コメント

どうもo(^-^)o 自分は、シャレードデトマソターボが、好きです。 いすゞの車ではフローリアンと、阿川泰子?が宣伝していた頃のピアッア好き! かなり古いかな? (*_*)

我がPCが絶不調。
止まるわ、つながらないわもうホントにヤバイです。


りきさま>ようこそいらっしゃいませ(*゚▽゚)ノ
シャレードデトマソターボ>
また渋い車種で来ましたね~。
ターボという事は2代目シャレードのデトマソですね。
赤黒のエアロを見にまとったリッターターボは、とっても強烈に印象に残ってますね~。
あの雰囲気は後のL70ミラTR-XXに受け継がれている気がします。
実際、結構な瞬発力でなかなか速かったと私の兄が申しておりました。
今や絶滅危惧種のデトマソターボ。
見つけたら即保護してあげてくださ~い。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和車的イベントレポート(第8回 昭和の車展示会編) | トップページ | 昭和車的イベントレポート(第8回 昭和の車展示会 最終回編) »