フォト
2024年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 昭和車的イベントレポート(第8回 昭和の車展示会 続編) | トップページ | 昭和車的売りたし情報 »

2009年7月12日 (日)

昭和車的イベントレポート(第8回 昭和の車展示会 最終回編)

7月の第二日曜日の今日、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
私はと言えば、忙しくて出来なかった事が山積みで大忙しです。
とりあえず今日はセダンの売却準備と、かつての足車だったワゴンRの処分準備をやろうと思ってます。
問題のワゴンRですが、コイツが最近調子がカナリ悪いんです。
突然のエンジンストールと、再加速時の息つき症状で乗りづらいったらない。
まぁF6のお約束のオイル上がりも結構ひどくなってきたし、廃車もしくは部品取り決定でしょう。
もう少しで車検も切れるし、ココが潮時ですね。
思ったよりも持たなかったなぁ。
でもなかなか我が家では重宝しましたので、この夏でお役御免にしたいと思います。
ワゴンR君、お疲れ様でした。
いままでありがとうよ。

 

 

今日は「昭和車的イベントレポート(第8回 昭和の車展示会 最終回編)」という事で、語ってみたいと思います。

 

 

「安全はトヨタの願い」です
Dsc02215  
5代目コロナセダンです。
通称「安全コロナ」の超稀少2000GTです。
これはまた凄い希少車がやってきましたね~。
安全コロナの後期、しかもGTとは恐れ入りました。
市場的には不人気だった後期モデルのGTは現存数もかなり少ないと思われます。
それにしても物凄い程度の良さですね~。
希少車、稀少グレード、極上と完璧なコロナです。
Dsc02216  
後姿がまた良い雰囲気出してますね~。
2000GTのエンブレムも誇らしげです。
純正泥除け、純正テッチン+ホイールリングとことごとくオリジナルを残しているのも高得点です。
コロナらしい地味さと、純正部品が織り成すこの超保守的なムードが、当時のファミリーセダンの匂いをプンプンさせてくれてます。
これはホントに良いなぁ~。
コレでノンビリとドライブにでも行きたいですね~。
久々に見た安全コロナ、記憶以上にカッコ良かったです。

 

同年代トヨタセダンで行きましょう
Dsc02217   
5代目クラウンセダンです。
コレもメチャ渋なクラウンですね~。
茶メタがまた高級感があって、とっても似合ってます。
どうですか?この格調高い雰囲気。
これぞクラウンセダンっと言うような、雰囲気を醸し出してます。
Dsc02218  
この後姿、たまらんですね~。
特に5代目セダンのフロントからリヤにかけてのサイドのボディラインがカッコイイ!
同年代のブタ目もサイドのボディラインがカッコイイ車ですが、このクラウンも素晴らしいですね。
私的には、5代目に関しては4HTよりもセダンが好みです。
ちなみにリヤサイドのエンブレムはエクストラ内装仕様車のエンブレムです。
簡単に言うと、2リッターの高級内装仕様ですね。
そんな稀少グレードもツボです。
ほんとに良い車が見れて、幸せですハイ。

 

ターボの陰に隠れた、質実剛健なミドルセダン
Dsc02219 
2代目三菱ランサーです。
また管理人的にはツボな車が来てますね~。
この型はランタボの愛称でお馴染みの型ですが、現車はノーマルグレードです。
いやぁ、こうしてみると地味ですね~。
この三菱らしい地味さがまたイイ!
形はギャランΣに通じる、ボクシーなスタイルで私的には好きですね。
初代の動物的なボディとは打って変わってのボクシースタイル。
自動車業界の流行りの移り変わりを感じますね。
Dsc02220  
mcaJETのエンブレムが懐かしいなぁ~。
それにしてもシンプルすぎるほど超シンプルな後姿に改めて驚かされます。
こんなにシンプルなデザイン、他にはあんまり無いですね。
向こうに見えるギャランGTOと比べると良くわかります。
当時は街中でも結構みかけたんですが、今は殆ど見ることもなくなりましたね~。
こういったノーマルグレードが残っていてくれるのは、とっても嬉しいです。
いつまでも元気に走って欲しいと切に願います。

 

今回のオオトリはベビーギャングが務めます
Dsc02194  
L70ミラターボTR-XXです。
うわぁ~懐かしいなぁ~。
初期型の赤黒ターボ、カッコイイですね~。
私が人生で初ターボを経験した車がこの赤黒XXでした。
実は私の兄がL70XX狂でして、今現在もL70最終型TR-XXに乗っております。
当時新車でこの赤黒XXを兄が購入。
我が家に来た時はちっちゃいけどカッコイイなぁとホントに感動しました。
当時はまだまだ軽自動車は「遅い、ダサイ」と見下される存在でしたが、フルエアロを身にまとったコイツは別格でした。
Dsc02196  
この現車、ハンパじゃない程度の良さです。
たしか走行距離も数千キロ止まりだったと思います。
何から何までビッカビカ。
何から何まで新車当時のままの超レア車です。
車検ステッカーを見る限り、初回の車検を取らずずっと保管していた様ですね。
それにしてもこんな初期L70が残っているんですね~。
使い倒されて捨てられる事が多い軽自動車。
故に程度の良い車の現存数が少ないんですね~。
いやぁ、ただただ驚きと感動って感じです。
Dsc02195  
ホントに乗っていないのが、このエンジンルームを見てもらえば判ると思います。
ピッカピカですね~。
ちなみに当初はキャブターボのみの設定でしたが後にEFIモデルが追加。
58馬力仕様から、最終方は64馬力仕様に進化してます。
絵に描いたようなドッカンターボが楽しかったL70。
これも軽自動車夜明けの一時代を作った名車です。
 

 

 

今回のレポート、楽しんでいただけましたでしょうか?
今回も凄い車たちが多くて、驚きと感動の嵐でした。
来年はどんな車がくるのかなぁ~。
今から楽しみです。
次回更新もお楽しみに~ マタネッ(*^-゚)/~

« 昭和車的イベントレポート(第8回 昭和の車展示会 続編) | トップページ | 昭和車的売りたし情報 »

コメント

お久しぶりですo(^-^)o 今、山形県から、新潟県六日町に、法面工の仕事で出張で、来ています。新潟県には、どんな旧車が走っていますか?

りきさま>ようこそいらっしゃいませ(*゚▽゚)ノ
新潟県へようこそ~
旧車>
新潟県は旧車イベントも多く、割と旧車人口も多いと思われます。
私は今日はR31スカイラインに遭遇しましたね~。
新潟市はGX71系も結構多いかな。
なにはともあれ、時間が許す限りノンビリと新潟を楽しんでくださいね。

NOBさん、こんばんわ。教えて下さい。61のHTとセダンのヘッドランプは同じですか?ウインカーが違うのは判るのですが・・・実はHIDに変えてるのですが光軸が合わなくなったんです。多分外れたかなんかだと思うのですがめっちゃ下照らしていて明るい意味ないじゃーんになってまする。そこでどっかのオークションで手に入れたいなと思って。実は2年前に某オークションで買っといたのが有ったと思ったらクレスタ用でした。マーク2って書いてたのにだまされたショック・・・勉強になった・・・ここで少し報告です。スタビのブッシュ以外全部変えましたよ。日産の旧車(Zやハコスカ)用がいがいと収まったり、無いブッシュはウレタン加工して作ってくれました。今後必要時は言ってくださいね。送りますよ。足も前より少し固めました。凄く運転しやすいです。ブレーキホースはステンに変えました。これはあんまりわからんとです。あーでも本当にパーツが手に入らなくなりましたね。61保有仲間うちでパーツオーダーしたいですね。物によってはオーダー貯まれば作ってくれるのもありますものね。数年前、運よく受注生産でテールランプ製造してもらいました。片側で\22000でしたけど・・・たかっ。でも手に入らないよりましですよね。う~む負けないぞ!

mikkoさま>ようこそいらっしゃいませ(*゚▽゚)ノ
ヘッドランプの件ですが、セダンとイーグルでは違うはずです。
セダンの場合、他車と共通部品の様ですがイーグルはGX61のみの部品になると思います。
交換する場合はやはりGX61マークⅡ、4HTのモノを使用する他なさそうですね。

mikkoさまのイーグルも、着々と進化してますね~。
足回り、ブレーキと手が入り、意のままに動くイーグルに仕上がっているのではないでしょうか。
それと、ホントに部品が手に入らなくなりましたよね~。
大問題です。
テールランプ、私も欲しいんですよね~。
左は新品ストックを持っているんですが、右がないんです。
しかも今イーグルについている右側は中古で程度があんまり良くない。
22,000円なら、即注文決定なんですけどね~。
ほかにも欲しい部品だらけなのに、欠品三昧で困ってます。
昭和車の泣き所ですね。

NOBさん、こんにちわ。本日トヨタ部品に恐る恐る受注生産の電話して先程返事がきました。ヘッドランプ・テールランプ共一個10万円との事・・・思わず「今回はキャンセルで・・」と答えてしまった。はぁ~・・・どうしましょっ。以後、発注かけようとしても、受付もしてくれない事を考えたら注文するべきか・・・イーグル乗りの方々で大量注文したいな~って言っても10万かぁ~(T_T)

mikkoさま>ようこそいらっしゃいませ(*゚▽゚)ノ
ヘッドランプ・テールランプ共一個10万円>
ん~、猛烈に高いですね。
1個壱拾萬なんて言葉、そうそう聴けるもんじゃないですよね~。
さすがに私もこの値段では、手が出ません。
地道に程度の良い中古を探すしかないかぁ。
まぁ、こんな苦労も昭和車の味ってもんですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和車的イベントレポート(第8回 昭和の車展示会 続編) | トップページ | 昭和車的売りたし情報 »