フォト
2024年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

昭和車的改造計画(排気系編)

11月最終日曜日の今日、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
今年もあっという間に12月になってしまいます。
オトナになると時間の経過が早すぎて、参ってます。
アレもコレもやりたいのに時間だけがどんどん過ぎていって、やりたいことは出来ずじまい。
どうにかなりませんかねぇ~。
1日が36時間くらいあったら、助かるんだけどなぁ。
明後日には12月突入。
寒さに負けず、昭和車を楽しみましょう!

 

 

今日は「昭和車的改造計画(排気系編)」という事で語ってみたいと思います。

 

 

つい先日、2年に1回のお上の検査を無事通過した相棒イーグル君。
ノーマル足、ノーマルマフラー、車内も全てノーマルと、とっても紳士的な車になってました。
さすがにソレで我慢できるはずも無く、本日は早速戻し作業をしておりました。
ノーマル戻しは憂鬱ですが、カッコ良くするのは楽しい作業。
いつもどおりサクッと戻しちゃいます。

 
そこで今回は、排気系を見直してみようと思います。
今まではトラストタコ足からそのままワンオフフルデュアルで抜いてました。
そのままでは抜けすぎなのと超爆音だったので、バイク用加工インナーサイレンサーも装着しておりましたね。
フルデュアルの音はかなり甲高い、バイクの様な排気音って感じです。
でも私には少々音がデカ過ぎるのと、タイコの形状が好きではないので今後は加工して、再装着しようと思います。
其の前に、今回試しに50パイシングルマフラーを装着してみようと思います。
フルデュアルと50パイシングルのトルク、パワー特性の違いが前から気になっていたので、今回はテストも兼ねて1セット購入しました。
Dsc02312 
某86系チューニングパーツショップが発売しているGX61用マフラーです。
メイン50パイ、出口60パイデュアル、ハネ上げハス切り仕様です。
Dsc02313
こうして見ると、あんまりカッコ良く見えませんね。
想像していたよりも、曲げも控えめで何より曲げてからが短い。
フルデュアル加工用にジャパンフルデュアル(ハネ上げハス切)も持っているんですが、そっちの方が10倍はカッコ良いです。
製作しているメーカーは、皆さんご存知の旧車マフラーメーカーでしょう。
今回はサブタイコ付きですね~。
セダンでもフィッティングに苦労したので、今回も苦労しそうな悪寒。
あんまり酷かったら、フン投げて改めてフルデュアルにしようと思います。

 
早速装着作業に掛かるも早くもトラブル。
まぁフィッティングが合わない合わない!
酷いもんです。
セダンに装着したものは、長さが足りない以外は結構良かったもののコレは酷い。
コッチの吊りゴムを掛けると、アッチがカナリキツイの繰り返し。
オマケに各パイプを繋ごうにも角度が合わず四苦八苦。
何とか装着できたものの、〇〇用と謳っている製品レベルとしては最悪の部類。
あくまでも装着は要加工と説明してから販売するべき製品です。
このマフラー、はっきり言ってオススメできません。
合わないイライラを抑えつつ、作業完了。
あぁ~疲れた。
フルデュアルを装着するよりも倍時間掛かっちゃったよ。
今度、いつもお世話になってるグレースさんにキッチリとフィッティング加工してもらおうと思います。
 

気を取り直して、エンジン始動。
さすがに静かです。
アイドリングは触媒レスとは思えない位の音量ですね~。
吹かしてみると、なかなか太い6気筒らしい音を奏でております。
音質もなかなか気持ち良い感じだなぁ。
音量、音質レベルは合格です。
あと気づいたんですが、空吹かしでもフルデュアルよりもピックアップが良い気がします。
まぁ1G-GのNAですから、バランスから言って50パイシングルが一番合うと思うので当然なのかな。
早速走行テストです。

 
走り出してスグに、中低速のトルク感が良い事が判ります。
素直に吹けるというか、フルデュアルで若干ダルだった所でもブンとスグに付いて来ます。
この辺は好印象ですね~。
触媒レス状態でコレくらいトルク感があってこの音量なら、レスのままでもOKですね~。
4000~6000回転近辺は、気持ち良いトルク感で「良く走るなぁ~」って感じです。
この辺のパワー、トルク感は私の好みに合いますね。
この回転にトルクがあると、シフトアップ時の車速の伸びが良いんです。
6000~レッドまでは、思ったよりも回りません。
この辺はフルデュアルに軍配が上がります。
中速が良い分、余計に感じるのかもしれませんが...。
それを差し引いても、この6000回転までのフィーリングは良いと思います。
この感じ、気に入りました。
コレでフィッティングさえ良ければ文句無いんですけどね。
まぁしばらくコレで行こうと思います。

 
とりあえず装着写真をどうぞ
Dsc02317_2  
今までのものから見ると、かなり控えめな渋めな感じです。
長さや曲がりに不満はあるものの、見た目はとりあえずヨシとしましょう。
Dsc02316  
ハス切りが昔から好きだったのですが、もう少しハス切りに角度が欲しかったかな。
Dsc02315  
かなり車体寄りに出ているので、これは私の好みでした。
取り回しのひずみのせいでもありますけどね。
Dsc02318  
トラブルはあったものの、とりあえず今日は作業完了です。
フルノーマルも悪くないけど、やっぱり深リムシャコタンがイイネ~!
この形でこそ、我がイーグルです。
昭和車って、やっぱりイイネ~!!

 

今日は久しぶりの更新でした。
多忙につき思うように更新できませんが、気長に見守ってやってくださいね~。
次回更新もお楽しみに~ マタネッ(*^-゚)/~

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »