フォト
2024年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年3月29日 (火)

昭和車的日常ネタ(MS110編)

春めいてきた3月終盤の今日、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
3月11日大震災が起き、2週間を経過した今でも被災地では復興どころか支援も行き届いていないような状況が続いていると聞いております。
被害の甚大さに、自治体の機能も全く機能を失ったまま思うように対応ができないと聞いております。
これからさらに沢山の支援、また義援金が必要になってくると思います。
被災を免れた地域各県の我々皆が力を合わせて支援していきましょう!
小さな雫も、集まればいつか大河になります。

 

 

 

今日は「昭和車的日常ネタ(MS110編)」という事で語ってみたいと思います。

 
 
 
 
 
数週間前の事。
親友のプロタイヤサービスマンのヨウスケ君から連絡がありました。
「ウチの解体屋に昭和55年式クラウンが入ったらしいよ。走行3万キロだって」
いやぁ~、ダメだって~そういう情報くれちゃ~。
そう言いながら、激しく反応してしまう管理人です。
S110系クラウンといえば、親友のオニクラまー君の出番です。
早速電話して一緒に見に行く事となりました。

 
 
昔からお付き合いのある解体屋さんに到着。
早速拝見です。
P3050008  
おぉ~MS110!
前期は久しぶりに見たなぁ~、渋い!!
写メを送ってもらっていたので4HTでブラウンだというのは判っていましたが、こうしてみるとやっぱり渋いなぁ~。
完全なフルノーマルで塗装のヤレと弱点部分の錆意外は程度良し!
GX61狂の私でも、かなり欲しくなってしまいます。
いやぁ~これぞクラウンな雰囲気ビシバシです。
ちなみにこれ、5速マニュアルなんです。
P3050001  
もうヤバイよね~コレ。
前期のマニュアルは反則だろ~。
茶マニアな私のツボにはまる茶内装。
純正のウッドも渋く、モケットシートの手触りにウットリ。
ん~、コレマジに欲しいぞ!

 
 
もう一つ私が激しく反応する箇所はコレ↓
P3050022  
純正オーディオです。
アナログの針がたまらんでしょう?
これ、オートシークなんでサーチかけると針が自動で動くんです。
それがまた昭和!!
この純正オーディオで「ラジオ深夜便」で昭和歌謡なんて聞きながら、夜の高速飛ばしたら本当に昭和にタイムスリップしちゃいます。
こういう純正がしっかりと残っているのも高得点です。
この手の純正部品は外しちゃダメです。 

 
P3050019  
後期とは全然違うメーター周り。
メッキのモールドや警告等の大きさがこの当時の前期トヨタらしさですね。
正真正銘の3万キロ。
コレは稀少ですぞ!

 
 
久しぶりにM-EUを拝ませてもらいましょうかね~。
P3050024_2  
懐かしいなぁ~。
このタペットカバーのデザイン好きなんだよな~。
P3050025  
オイルフィラーキャップのトヨタロゴが素敵。
やっぱりトヨタはコレだよね~。
頑丈なM-EUの剛健さが雰囲気にも出ているかな。
運転もさせてもらいましたが、非常に調子も良くトルクフルで、現役バリバリの状態でさらに驚き。
確かにコレは実走行3万キロだわ。
エンジンにパンチありますからね~。
ミッションの入りも問題なく、機関良好です。

 

やっぱり昭和トヨタは良い雰囲気ありますね~。
後期とは全く違う雰囲気の前期MS110も最高です。
コレなら絶対フルノーマルで乗るかな。
だってこんなジェントルな雰囲気、崩したらもったいないもんね~。
フルノーマルの5速なんて、オトナじゃなけりゃ似合いません。
あとは連貼でどうぞ。
P3050009  
P3050010  
P3050011  
P3050016  
P3050023  
久しぶりにテンションの上がる、良い車を見る事ができて大満足でした。
改めて昭和車ってイイネ~!

 

 

心底、昭和の車が好きなんだなぁ~と改めて実感。
このクラウンも本当に好きな人に乗ってもらいたいですね。 
次回更新もお楽しみに~ マタネッ(*^-゚)/~

2011年3月20日 (日)

特別編「命」

まずは今回、大震災で被災された方々へ、心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復興と、1日でも早く心穏やかに過ごす事のできる日々が戻る事、お祈りしております。

 

 

大震災後、何度もブログ更新しようと思いましたが、テレビで見る惨状のあまりに壮絶さに、更新できずにいました。
家族や家を失った人、未だに家族を見つけられず途方にくれる人、その悲しみは想像を絶します。
どんな言葉を書き連ねたとしても、被災された方たちの心の一片も癒してあげれないだろうと思うと、キーボードを叩く事が出来ませんでした。

 

 

今、私たちができる事は何か?、ここに来てくださる方々に真剣に考えてもらいたいと思います。
そして今、被災されて大変な状況に置かれている方々に少しでも力にならなくてはと切に思います。
改めて問います。
今、私たちにできる事は何か?
真に考え、どんな小さな事でも行動に移す時です。

 

 

私たちは命を頂き、この世に生まれてきました。
そしていつか必ず、この世から去っていかなくてはいけません。
生きる事の意味など、壮大すぎて私には判りません。
ですがこの命が尽きるまでの間に、愛する家族や友人、未だ見ぬ人々の一人でも笑顔にする事が出来たなら、私の生きた意味も少しはあったなぁと思えるかもしれません。
今やれる事をやろう。
誰かの悲しい顔を、笑顔に変えていけるように。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »