フォト
2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2018年7月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月30日 (日)

昭和車的新企画(昭和車乗りのエコカーライフ「エコカーもイースね~」)

9月も最終日の今日、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
また強力な台風が日本列島を縦断しようとしています。
被害が出ない事を祈りながら、皆さんも皆さんの昭和車も台風対策して用心しましょうね~。

 

 

 

 

今日は「昭和車的新企画(昭和車乗りのエコカーライフ「エコカーもイースネ~」)」という事で語ってみようと思います。

 

 

 

別館でもアップしましたが、足車を乗り換えました。
今年の夏は例年にないくらいの猛暑でしたが、なんと8月頭に足車のミニミニバンのエアコン死亡。
今年のあの猛暑を、エアコンレスで乗り切りましたよ。
いやぁ~本当に参りました。
やっぱりエアコンは大事ですよね~。
お気に入りだったミニミニバンも16年落ちで、修理にお金も掛かるし純正部品も出なくなってるし、スタッドレスも交換時期だし、ボディの痛みも増えてきたし、増税も痛いし、丸6年乗ってこの度乗り換える事となりました。
ミニミニバン、今までありがとう。
最後まで気に入って乗れました。

 

 

という事で次期愛車は経費を徹底的に考えて、初代ダイハツミライースの1点狙い。
メインは相棒イーグルなので、足車は経費が掛からないに越した事はない。
だとすればヤッパリ軽のエコカーでキマリでしょう!
最近の燃料高騰に低燃費は本当に助かるし、何よりミライースなら新型が去年出て中古市場で旧型がダブついているので狙いやすい。
あとはダイハツが昔から慣れていて好きってのもあるかな。
大雪を想定して、4駆のLA310Sで狙いを定めます。

 

 

さすがに売れまくっただけの事はあって、タマ数の豊富さはイイネ~。
ですが4駆となると数は激減。
軽自動車という事を考えて、距離、ボディの状態等々、条件はかなり厳しく設定します。
そうすると本当に数が少ない。
そして値段が高い。
軽自動車って経費は安く済むけど、中古相場が高いのであまり割安感が無い。
初期投資が大きいと、取り返すのに何年かかるかわからない。
だから前回は中古価格が割安な普通車買ったんですよ。
そう考えると軽は微妙なところだけど、今回は予算を少し上げて軽自動車を条件重視で探します。

 

 

 

良い条件の車が見つかるも、タッチの差で売れてしまった。
しかも3連荘。
なんと運の無い事か。
まぁ人も車も縁ですからね~。
コレばかりは仕方ない。
諦めないぞ~っと思って探していたら、某中古車チェーン店の在庫車で良い車発見。
問い合わせたら、「まだ在庫ありますよ~」との事。
早速、商談開始です。

 

 

平成28年式ミライース。
走行3200㌔、無事故車。
パールホワイトⅢ、VSC&TRC、スマアシ装備。
グレードはXfリミテッドSA(限定車)。
車検1年残って、79万9千円。
おぉ~この条件でこの車両価格は安い。
まぁ大手の中古車チェーンなので、諸経費でガッポリ持ってかれると思いますけどね。
車両も見てみましたが走行距離が少ないので、各部ピッカピカ。
下回りもバッチリ綺麗で、ほぼ新車の様。
車内も凄く綺麗で新車の香りがプンプン。
文句の付けようが無い。
これなら多少高くても納得です。
ナビもサービス(とは言うものの工賃などで結構取るんだよね)で着けてくれて、なんだかんだで100万越え。
当初の予算を大幅に超えたけど、この程度の良さなら納得です。
無事、商談成立です。

 

 

 

という事で半月後納車です。
038
久しぶりの軽自動車です。
さすがに3200㌔走行なので、車がしっかりしてます。
ちなみに店頭納車で自宅まで走ってきた時の平均燃費が29.1㌔/ℓ。
ミライース恐るべし!。
普通に走ってきただけなんだけど、こんなに燃費が良いなんて思わなかった。
ちなみにこのミライースはエンジンがアトキンソンサイクルになっている後期型で、より燃費を追及したモデルです。
じゃあ早速のオーナーインプレいきましょうか。
あえて今更の旧型ミライースインプレです。

 

 

 

まず第一印象は物凄く軽く走る。
昔の4駆の軽でNAって言ったら、普通の交通の流れに乗るのも一苦労。
ベタ踏みしても時速100㌔までがかなり遠い。
ところがミライースは軽々と速度が乗ります。
これはたしかにメーカーが低燃費を徹底追及して各部のフリクション低減に努力した成果ですね。
あとは空気抵抗が少ない。
80キロ巡航していても、アクセルを入れている量が凄く少ない。
回転数も2000回転ほど。
空気抵抗が少ないので、少ない馬力でも全然巡航できちゃう。
確かにこれなら燃費伸びるわな。
あと、ボディがしっかりしてる。
最近の車らしくキャビンの剛性がしっかりしてる。
捩れによるキシミは皆無。
これだけ低価格の車なのに、このしっかり感は大したもの。
割り切ってコストカットするところは大胆にコストカットして、コストを掛けるべきところにちゃんとコストをかけているところに好感が持てます。
ふざけた感じがなく、実に実用的に無駄なく出来てます。

 

031

とにかく真面目にエコカーを造ったんだなという事が良く判る車です。
各メーカー間の熾烈な燃費競争の中、真剣に車の効率を上げていこうという努力がひしひしと伝わってきます。
あとこのサイズなのに車内も広いし、デジタルメーターや各部の仕上げのお陰で貧乏臭さも無い。
今回購入したミライースは限定車なので、内装や外装、アルミが特別仕様という事もあって、さらに満足度アップ。
ん~、コストパフォーマンス最高じゃないかなコレ。
あと個人的には小さい車が好きなので、このコンパクトさがイイースネ。
久しぶりの3気筒も可愛い音してるし、なんか想像してたよりも気に入っちゃいました。

 

036
巷じゃパワーが無いとか、思ったよりも燃費が悪いとか悪評も多いミライースですが、私が乗った印象ではかなりイイースよホント。
だって新車で100万前後の車ですよ。
それでこの完成度なら、メーカーさんありがとうって感じですよ。
売れている理由がよくわかる。
とにかくメーカーさんが一生懸命に造った車です。
私的に色々と改良したい部分もあるので、新企画として今後本館のネタとして取り上げていこうと思います。
いやぁ~、ミライースは本当にイーッスよ。

 

 

 

 

相棒とミライースの年の差34歳。
親子ほどの年の差です。
昭和車乗りのエコカーライフ「エコカーもイイースね~」始まります。
昭和57年と平成28年の行ったり来たりもなかなか楽しいですよ~。
次回更新もお楽しみに~ マタネッ(*^-゚)/~

2018年9月 9日 (日)

昭和車的日常ネタ(リヤタイヤ編)

9月第二日曜日の今日、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
大雨、大型台風、地震と、8月後半からココまで日本列島を災害が立て続けに襲っております。
一体どうなってしまったんでしょうか?
それまでの晴天、猛暑はどこにいったかと思うほどの荒れ様に、ただただ驚くばかりです。
全国各地で災害に見舞われた方々、心よりお見舞い申し上げます。
災害で亡くなった方も多く、本当に大変な事態となってます。
今現在、災害に遭っていない我々も明日は我が身。
助け合いの心を忘れてはいけません。
小さな事からでも、助け合いを始めてみましょう。
節電、募金、出来る事からやっていきましょうね。

 

 

 

 

今日は「昭和車的日常ネタ(リヤタイヤ編)」という事で語ってみようと思います。

 

 

 

 

我が相棒のタイヤサイズはF195/50R15、R205/50R15です。
14インチが主流の中、走り重視の15インチを履いてます。
今や15インチなんて軽自動車でも当たり前で、普通車に至ってはベーシックなグレードくらいしか履かなくなりました。
ましてや15インチの205/50なんて、履く車が無い(笑。
昔は当たり前のサイズだったんですけどね~。
故に、最近は205/50のラインナップが少ない。
昔は選びたい放題だったんですけどね。
コレも時代の流れですね。

 

マグナベを購入したときに履いたタイヤも7年が経ち、そろそろ交換しようかと考えてました。
車庫保管車両という事もあって、タイヤのヒビ割れは皆無。
プロのタイヤマンが驚くほどです。
あとFRでバッキバキのLSD車両はフロントよりもリヤタイヤが早く減る。
相棒もフロントはほとんど減っておらず、リヤが減ってます。
とはいえ半分以上の目は残っているんですが、引っ張り度の高いリヤを新品にしようと思います。
まぁ、リヤのグリップの高い車は安心して踏んでいけますからね。
今回はフロントは継続使用決定です。

 

 

Gx61_001

今回はリヤにもヨコハマSドライブを選択。
今まではTOYOのDRBを履いてましたが、ラインナップが消えてしまったのでフロントと同じSドライブにしました。
今までのDRBもとっても良くて、グリップのバランスも良いしパワー喰われ感も少ないし気に入ってたのですが、ラインナップ消滅という事で変更。
コレで4輪全て同一銘柄になりました。
細かい事をいうと、フロントのSドライブとはパターンは同じものの仕様が違うものらしいです。

 

 

10Jに205なのでなかなかの引っ張りになります。
という事で下ごしらえをやっときましょう。
Gx61_002

このクセ付けをしておくだけでも、ビード上がりが違います。
これでブースターぶっ放せば、軽々一撃で上がります。
爆上げの必要なしです。

 

今までのDRBとパターン比較です。
Gx61_003
どちらも似たような、スポーツラジアルに良くあるVパターンですね。
しいて言うならブロック剛性はDRBで排水性と転がり抵抗はSドライブかな。
それにしてもヨコハマの溝の深さが凄い。
これだけ深いとヨレが心配になります。
まぁどうなるかは履いてからのお楽しみですね。

 

Gx61_006

いやぁ~、やっぱり新品はイイネ~!
気分も新たにアクセル全開!!
これで気持ちよく走れます。
DRBが結構良かったから、どんな感じになるのか不安と期待が入り混じります。
好みに合うかな?

 

早速、テスト走行でインプレです。
Gx61_009
第一印象としては、ブロックがヨレる。
今までのDRBに比べて、カチッと感が少ない。
フロントの旧Sドライブを履いた時よりもヨレ感を感じる。
新品で深溝でコンパウンドが柔らかいとはいえ、結構なヨレ方をします。
良い言い方をすると粘りがあるとはいえますが、もう少しカチッとした剛性感のあるタイヤの方が好みかな。
コーナーに入っていくと外側のタイヤに荷重が掛かって、グニッとヨレてから安定する感じ。
なので1発で荷重を掛けないで、少しステアリングを入れて荷重が乗ったのを感じてから切り込む様な乗り方になります。
スパッを1発で切り込むと、予想以上にヨーが発生してしまって慣性で流れ出しそう。
逆に言えばスライドに持ち込むのは凄くやりやすそうです。
2速進入で慣性で十分ドリフトに持ち込めますね。
滑ったあとのコントロールも多分しやすいと思います。
ヨコハマらしい粘りのあるグリップ感なので、滑る、止めるがやりやすそう。
軽く振り回した感じでは、スライドからグリップに戻るときも変に引っかかる事もなくコントロールしやすかったですよ。
DRBも決してサイドウォールの硬いタイヤではなかったけど、ヨレ感の少ない乗りやすいタイヤでしたね。
どちらかと言うとDRBが好みですかね~。
もう少し減ってきてからが美味しいタイヤなのかな?
まぁせっかく履いたタイヤなので、このタイヤの美味しいところを上手く使って走ろうと思います。
最後に値段ですが、2本送料込みで2万836円。
こんな国産スポーツラジアルがこの価格で買えるんだから良い時代になったもんですよね~。
昔ならとても考えられない。
値段と性能を考えたら、十分過ぎるタイヤです。

 

 

やはり車にとってタイヤは非常に重要なパーツですね~。
タイヤだけで動きも印象も変ってしまいます。
今まで数え切れないほどのタイヤを使ってきましたが、改めて実感しました。
日々、経験と勉強ですね。
やっぱり昭和車って最高ですね~。
次回更新もお楽しみに~ マタネッ(*^-゚)/~

« 2018年7月 | トップページ | 2018年10月 »